加盟店エリア

トピックス

木製チェアの補修

フローリング補修の技術を使って、木製チェアを補修。今回、ご依頼を頂いたのは15年前に購入されたという木製チェア。室内犬を飼っている事も影響し、表面はキズだらけ。経年劣化により、色もかなり変色してしまっています。表面は老いていても土台やクッションはまだまだ頑丈。買い替えるにはもったいない。そこでリペアに相談ということになりました。

全部で6脚のセットタイプの木製チェアですが、一番ひどい物は色あせに加え、破れもありました。クッションが少しへたってしまっている場合には、クッション補充もして、クッションの上に補強材をしき、欠損している部分はパテで整形して、座面全体の革の効果しているところを削り落として、深いヒビにはこれまたパテ埋めして、それが済んだら全体を成形して・・・・・・・・・・・・。

15年も使用していると、かなり傷んでいる箇所もありましたが、パッと見た目にはどこにキズがあったのか分らないくらいに修復する事は出来ました。

(2015年7月11日)
全国の店舗から探す
ページトップへ戻る